ホイスコーレ札幌 第6期 第5回講義   

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

デンマークホイスコーレの様子は こちら です。

b0144125_17472446.jpg


ホイスコーレ札幌 第5回 藤田崧先生 中国の漢字と日本の漢字の違い

 「ホイスコーレ札幌」第6期第5回の講義は、北海道漢字同好会事務局長の藤田崧先生でした。「中国の漢字と日本の漢字の違い」について、1.漢字はいつ作られたか、2.日本に漢字が渡来したのはいつ頃か(「漢委奴国王印」の金印が漢字の日本渡来の最初だろうとのことです)、3.中国の漢字と日本の漢字、どこが異なるのか、4.日本の漢字の特性について、5.「漢字」から生まれた平仮名と片仮名、6.国字の発明、7.3種類の文字で構成される日本の言語文化、8.日本の言語文化を考える、を講義されました。興味深い内容と巧みな話術で受講生の笑いが絶えませんでした.
 
 札幌中央卸売市場見学は、6月7日(火)に決定し、実行委員から詳しい説明がありました。見学者募集中です。

b0144125_17474862.jpg
b0144125_1748272.jpg
b0144125_17481911.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2011-05-18 17:48

<< 映画「幸せの経済学」自主上映会... ホイスコーレ札幌 第6期 第4回講義 >>