<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

ふじの通信   

「ふじの通信」図書館づくりをすすめる会のNO.91号に掲載していただきました。代表吉野昌子さんは藤野まちつくり”公立図書館の設置を”26年間、行政や地域に図書館の必要性を働きかけています。
b0144125_9271053.jpg

 北欧留学と「ホイスコーレ札幌」   
ホイスコーレ札幌 代表 生越玲子

 私は、若いころから憧れていた北欧について学ぶことを 目的として、2003年北海道東海大学国際文化学部に58歳で社会人入学をしました。
約40歳離れた若者と毎日過ごすことに何の抵抗もなく、甘えてきたり、泣きごとを言う相手であったり、大人ぶってみせたり、議論し合ったりする若い学生を少し外から眺めながらの私でした。「大学って大人がいてもいいところなんだ」というのが彼らの印象のようでした。男子学生とは一緒に図書館へ行ってレポートの手助けをすることもあり、その後廊下ですれ違うと,笑顔で挨拶する可愛さがあり、その彼らも4年間の学生を終えるころは見違えるほど大人びていました。b0144125_22535466.jpg
2004年スウェーデンのファルン市のダーラナ大学に2カ月間スウェーデン語の留学をしましたが、私は長年の主婦であり、毎日の家族の食事作りから解放され、栄養が取れるだけの簡単な食事作りが学生らしく嬉しかったことが思い出されます。
私の仕事である陶芸については、2004年レクサンド市の図書館とダーラナ大学において木賊焼(商標登録している)の作品展をさせていただき、2005年にはレクサンド市の博物館で陶芸の作品展をすることができました。また、2006年リンチョウピン市で、作品展をさせていただきました。b0144125_22582055.jpg
3年生の終わりには、卒論を残すだけで、必要な履修科目はすでに終えていました。講義のすべてが新鮮で楽しく、大学院に進みたいと、申し出ていたので、飛び級試験を受け、4年目は国際地域学研究科修士課程に進むことができました。
 元気で学ぶことが充実した人生であることを東海大学で理解したことで、大学を終えた後も更に学ぶ機会を得たいと思ったことから、生涯教育について研究したいと考えました。b0144125_2311393.jpg
デンマークのフォルケホイスコーレ(国民高等学校)の創設者であるグルントヴィの建学の精神に感銘した松前重義は、東海大学を創設するに至るわけですが、松前は日本がこのような長命国になり、中高年の者たちがさらに学ぼうとしていることを想像しなかったのではないでしょうか。b0144125_2325784.jpg
私の指導教官である川崎一彦教授のはからいで、2007年デンマークのホイスコーレに4カ月間留学する機会を得、学ぶところが多大でした。ヒュン島のヘルネスにあるホイスコーレは、社会人の学生が共に学ぶところで、まさしく人間形成がなされるところでした。デンマークも長命国であり、中高齢者が学ぶことを希望していることは同様でした。2008年3月19日大学院を修了し修士「国際学」の学位を得ました。
デンマークのヘルネスのホイスコーレから得た知識と留学の経験を生かして、地域にも社会人の学ぶ場が欲しいと考え、東海大学の支援で「ホイスコーレ札幌」を今年9月2日から開設することとなっています。
(ブログでデンマーク留学の様子を紹介しています。URL:http://tokusayaki.jp/ )
b0144125_2333179.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2008-08-20 09:25

受講生募集について   

 「ホイスコーレ札幌」1期生の受講生を募集いたしましたところ おかげ様で多くの方から申し込みをいただき 定員となりました。引き続き2009年の4月にむけて予約をお受けしております。開校にあたりスタッフ一同 心よりお待ち申し上げます。
b0144125_21302814.jpg

                                             アケビの実

デンマークのフォルケホイスコーレ留学の様子は
 http://blog.tokusayaki.jp/?cid=5560  をご覧ください。 

「陶芸 木賊焼」 のページはこちら
[PR]

by gyntgynt | 2008-08-11 21:42

北海道新聞の記事   

b0144125_1182055.jpg


いくつになっても学ぶ楽しさを共有してもらおうと、道東海大の大学院を今春卒業した62歳の女性が、社会人向けの学校「ホイスコーレ札幌」を9月に開校する。大学院で学んだ北欧の生涯教育を実践しようと企画した。母校の教授陣が協力し、健康や環境などをテーマに従来の生涯学習講座とは違った本格的な講義をするのが特徴だ。

 札幌市南区で陶芸教室を開いている生越(おごし)玲子さん。大好きな北欧について学ぼうと、2003年4月に同大北方圏文化学科(現地域創造学科)に社会人入学した。06年に大学院国際地域学研究科に進み、北欧の生涯教育を研究。今年3月に修士課程を修了した。

 昨年1月から4月までデンマークに留学した際、教師と生徒が一緒になって学ぶ「フォルケホイスコーレ」(国民高等学校)に感激。「卒業したら札幌に社会人のための学校をつくりたい」と思い立った。

 生越さんの熱意に、東海大副学長を務める西村弘行・同大札幌校教授(食品機能学)ら同大の教授11人が賛同し、講師として協力する。授業は「知識欲に応えるため、大学のレベルに相当」(西村副学長)。西村副学長が食と美容と健康、生越さんも北欧の生涯学習をテーマに教壇に立つほか、スポーツや中国文化などの授業がある。

 生越さんは、「定年退職後や子育てが一段落すると、人生設計を立て直す時が来る。学ぶことで何かのヒントになれば。」西村副学長は「今までは大人の教養の場がなかった。内容を拡充させ、今後も続けたい」と話す。

 9月2日開校。授業はコミュニティーカフェ「旧道茶屋」(南区川沿2の2)で、毎週火曜の午前9時から正午まで、計12回。受講料はテキストや保険料を含め15300円。先着25人。申し込みは生越さん℡011-591-2237へ(8月11日以降、午前8~10時)。


講義のくわしい内容は 
http://blog.tokusayaki.jp/?day=20080714  

デンマークのフォルケホイスコーレ留学の様子は
 http://blog.tokusayaki.jp/?cid=5560  をご覧ください。   

「陶芸 木賊焼」 のページはこちらです。
[PR]

by gyntgynt | 2008-08-05 11:14

航空写真   

b0144125_8363881.jpg

札幌市青少年科学館のパソコンのグーグルマップで、デンマークのホイスコーレの隣の農場に牛が放たれているのを見ることができ 懐かしく思いました。
b0144125_8372870.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2008-08-01 08:38