<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

ホイスコーレ札幌 第4回講義   

b0144125_2158848.jpg

平成20年9月30日 第4回講義 竹中 践先生

「カエルからみる環境 今年は国際カエル年」
今年2008年は、国際自然保護連合(IUCN)と世界動物園水族館協会(WAZA)が提唱する「国際カエル年」

日本における両生類の減少の様子、北海道の両生類の減少について詳しく説明され、以下のことをお話されました。

・カエルなどの両生類は、多様な生物が生活できる身近な自然が残っているかどうかを最もよく示してくれる指標です。
・もし、樹林などの緑地や池が残してあっても、両生類がすんでいなければ、単に人間にとって心地よい自然があるだけで、本来のしぜんを残していることにはなりません。
・身近な自然をもう一度、カエルの目になって、見直してみてください。
b0144125_21525938.jpg

講義終了後 皆様に自己紹介していただきました。
ホイスコーレは学ぶ事や皆さんと会話を共有することによって 自己認識を目的としています。
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-30 21:58

札幌市南区役所のホームページ   

札幌市南区役所のホームページで「ホイスコーレ札幌」を載せて頂きました。http://www.city.sapporo.jp/minami/news/200809/20080902.html

下記↓はホームページの内容を許可を得て、そのまま移させて頂きました。


まちの話題


平成20年(2008年)9月2日(火曜日)

ホイスコーレ札幌開講式
~ 年齢に関係なく学ぶ楽しさを! ~
 
 9月2日(火)9時30分から、旧道茶屋(札幌市南区川沿2条2丁目5-37)で「ホイスコーレ札幌」の開講式が行われました。「ホイスコーレ札幌」(代表 生越 玲子)は、社会人のための本格的な授業を行う場を設けたいと開講したもの。講座は全12回で、今回は東海大学の各専門分野の講師による講義を予定。定員(25人)を超える受講希望があり、生涯学習に対する関心の高さがうかがえました。
 この日の開講式には、第1期生の25人が出席。生越 玲子代表や東海大学 西村 弘行副学長らがあいさつした後、すぐに第1回目の講義が行われました。講義は「食による美容と健康」をテーマに西村副学長が講師を務め、「タマネギは切ってから30分以上たってから、食べたり調理することで、記憶障害の改善効果があります」など食材が持っている健康に対する効果などを話しました。
今後は、11月25日まで「北国の自然と街並み」、「遠隔医療を支える情報技術」などさまざまな分野を学んでゆきます。

b0144125_1362858.jpg

b0144125_1365229.jpg



札幌市南区市民部総務企画課
〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目
電話 011-582-2400 FAX 011-582-0144
e-mail: mi.somu@city.sapporo.jp
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-19 13:02

東海大学新聞の取材   

札幌市南区役所のホームページで「ホイスコーレ札幌」を載せて頂きました。 http://www.city.sapporo.jp/minami/news/200809/20080902.html

b0144125_10102771.jpg

9月17日東海大学新聞の記者から「ホイスコーレ札幌」の取材を受けました。
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-18 10:10

ホイスコーレ札幌 第3回講義   


b0144125_9514393.jpg
平成20年9月16日 第3回講義 張 雷先生

「養生文化と太極拳」

中国気孔の起源から気とは何か、功とは何か更に気功とは何か 気功は人間が本来もっている「自然の力」を高める効果があることをわかりやすくお話され、次に太極拳の歴史 名の由来 効用について教えていただきました。
受講生に問いかける講義は楽しく、 時間がたつのを忘れるほどでした。 
b0144125_952425.jpg


実際に太極拳を体験
b0144125_9522782.jpg

ーーー受講者からのメールーーー
持ち時間一杯の力の入った2時間でした。内容からあの時間内でよくまとめられたと感心しました。さすがです。
学内で超人気があると、言うのは納得です。身体を動かすと頭も働くので、カリキュラムの組み方も良かったと思います
ホイスコーレに行ってやっぱり良かったです。
バスに乗換えても行く価値あり。
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-17 10:00

ホイスコーレ札幌 第2回講義   

b0144125_829213.jpg

平成20年9月9日 第2回 講義 上杉尹宏先生

「冬の健康スポーツ」

先生は1988年 カルガリー 1992年アルベールビル 1994年リレハンメル
1998年 長野の四回 オリンピックにコーチとして行かれ、ノルディック・コンバインド(ノルディック・複合)・スキージャンプの選手の指導にあたられました。
現代人の運動不足の現状 特に降雪期の運動の大切さなどをお話くださり、冬期間の健康的な生活に役立つ運動・スポーツとして クロスカントリー(歩くスキー)を挙げられ、 クロスカントリーを楽しむ 北欧の様子を 紹介してくださいました。

---受講者からメール---

・ご苦労されて学生を育てられたことが、伝わりました。

・北海道の冬を乗り切るために自分の生活メニューが必要であることがわかりました。

・年をとっても過度にならない継続したスポーツが健康につながることを認識しました。

・動くことを億劫がらないようにします。

「陶芸 木賊焼」 のページはこちら
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-10 08:29

もっと知りたいデンマーク   

b0144125_9484929.jpg

東海大北海道キャンパス 西村副学長がこの本を送ってくださいました。

東海大 松前紀男学長の文章の中で、特に私の目を引いた部分を紹介します。

「現在のデンマークにおける国民高等学校(ホイスコーレ)の状況は、従来の形を残しながらも『生涯教育』という新しい動きの中で再評価されてきています。」
b0144125_9491464.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2008-09-09 21:44

北海道新聞 道央ひとワイド   

平成20年9月8日 北海道新聞 道央ひとワイドに掲載されました。
b0144125_11571496.jpg


「陶芸 木賊焼」 のページはこちら
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-08 11:57

ホイスコーレ札幌 第一期生   

b0144125_2293030.jpg


ホイスコーレ札幌 第一回講義終了後 大変嬉しいFAXをいただきました。

『 「ホイスコーレ札幌」第一期生として未知のジャンルに背伸びし参加出来ましたこと 心から感謝とお礼を申し上げます。 久し振りにペンとノートの持参、活字離れしている自分にショック!!でも講義もたのしくて一歩ふみ込んで良かったよかったと。お隣の席の方ともすぐに会話が出来て居心地よく スタートがきれました。これからまだ十回以上ありますが この場をかりて多くのこと学べそう。楽しみです。』

       
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-06 22:10

ホイスコーレ札幌 開校 祝辞         

Dear Ogoshi,

It is with great plesure that we bit the "Hojskole Sapporo" wellcome in the great family of folkhighschools. We are sure that the "Hojskole Sapporo" will give important inspiration to the life of the students who will visit the "Hojskole Sapporo". At the Danish Folkhighschool in Helnaes we are very proud that we have got the opportunity to give inspiration to the "Hojskole Sapporo". We are proud to have so very fine conections to the Tokai University, which is inspired by the spirit of the Danish folkhighschools and by the founding father of the Danish folkhighschools, Nicolai Frederik Severin Grundtvig. It is always a great plesure for us at the Folkhighschool of Helnaes to house students and staffmembers from the Tokai University and in that way strengthen the links between Japan and Denmark for the better of understanding life. We wish the "Hojskole Sapporo" succes in its work for a better understanding of life through education.

b0144125_18423594.jpg
Kristian Kjaer Nielsen
Director
Hoejskolen paa Helnaes
Denmark       



親愛なる生越玲子様

 ホイスコーレ札幌を国民高等学校、ホイスコーレの仲間に迎えることは大きな喜びです。

 ホイスコーレ札幌が、この学校に来る学生の生活に貴重なインスピレーションを与えるであろうことを、確信するものであります。

デンマークのヘルネスホイスコーレにおいて、私たちが「ホイスコーレ札幌」創設の機会を与えたことを誇りにするものです。また、東海大学との非常に素晴らしい関係を誇りにするものです。東海大学は、デンマークのホイスコーレの創設の父、ニコライ・フレデリック・スヴェリエ・グルントヴィの精神によってもたらせられたものです。

 東海大学の先生や学生が、ヘルネスのホイスコーレに来学していることは、わたくし達にとって、大きな喜びであり、これにより日本とデンマークとの相互理解の絆が強まっています。

 わたくし達は、教育を通して人生をよりよく理解するために「ホイスコーレ札幌」が成功することを希望するものであります。

デンマーク ヘルネスホイスコーレ校長

クリスチャン・イエール・ニールセン
 

デンマークの友人からの祝辞
Dear Reiko,

CONGRATULATIONS TO YOU WITH THE "HOJSKOLE SAPPORO" STARTING TOMORROW.
It is so great that you have done it, and even without assistance from the Gouverment or other organizations I do wish you personally and "Hojskole Sapporo" a happy start and an very happy future too.
Love - AND my deepest admiration for all you have done of hard work giving people there a rich life - period at your Hojskole. Rita  
  b0144125_2054220.jpg  
9月2日にホイスコーレ札幌が開校することにおめでとうと申し上げます。
素晴らしいことを達成されたのですね。
私は貴女自身とホイスコーレ札幌の幸多き出発と幸せな未来を願っております。    
リタ・ラメドル
                                                                                                                                                                                                                 

コペンハーゲンのJapanese resutaurant 
「WAGAMAMA」にて

ホイスコーレ札幌の開校を心よりお祝い申し上げます。

「校長」の生越玲子さんは2003年4月に北海道東海大学に入学されて以
来、本年3月に大学院国際地域学研究科を修了されるまで、一貫して社会人大学をテーマにして研究をされてきました。

今日の良き日、この研究の成果が、ホイスコーレ札幌として具現化し、スタートするのは、何よりも生越さんの驚異的なエネルギーと実践力によるものであり、近くでそのバイタリティーを垣間見させて頂いた一人として心底から敬意を表します。

今後西村副学長をはじめ東海大学、札幌市南区などの全面的な支援のもとで、ホイスコーレ札幌は札幌市南区になくてはならない社会人大学に成長していくものと確信しております。

ホイスコーレ札幌開校おめでとうございます!

川崎一彦 (東海大学国際文化学部教授)


「陶芸 木賊焼」 のページはこちら
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-04 18:38

ホイスコーレ札幌 開校式 第1回講義   

今日平成20年9月3日 北海道新聞 朝刊に記事が載りました。
b0144125_1520739.jpg

社会人向けの学校「ホイスコーレ札幌」が二日、札幌市南区に開校した。道東海大(現東海大札幌キャンパス)大学院を今春卒業した生越玲子さん=南区=が、研究テーマだった生涯教育を実践しようと企画した。生越さんは同大と同大大学院で北欧の生涯教育を研究。昨年一月から四ヶ月デンマークに留学した際、教師と生徒が一緒になって学ぶ「フォルケホイスコーレ」(国民高等学校)に感激し、札幌での開校を思い立った。生越さんの熱意に、東海大副学長を務める西村弘行・同大の教授11人が賛同、講師として協力する。一期生は中央区の主婦ら25人。生越さんは開校式で、「幅広く学び、今後の人生の創造的な作業に役立ててほしい」とあいさつした。続いて、機能性食品研究で知られる西村教授が「食による美容と健康」をテーマに講義し、「タマネギは切ってから30分以上置いてから調理すると、血流や記憶障害の改善に効果がある」などと話した。講義は11月まで計12回開かれる。来年春にも再開する予定。


「ホイスコーレ札幌」 開校式

b0144125_15204261.jpg
札幌市南区長秋元殿より祝辞をいただきました。








b0144125_1521118.jpg
東海大西村副学長の挨拶










b0144125_18592497.jpg
岩崎さんが祝辞を読んでくださいました。










b0144125_15314635.jpg

b0144125_923024.jpg
b0144125_93448.jpg

                                       美しいお花をいただきました。
b0144125_22271562.jpg

「陶芸 木賊焼」 のページはこちら
[PR]

by gyntgynt | 2008-09-03 16:14