<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

ホイスコーレ札幌 第7期 第4回講義   

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

デンマークホイスコーレの様子は こちら です。


b0144125_8347100.jpg


第4回講義 横山 隆先生
持続可能な社会の縮図「サスティナブルキャンバス」の今を読み解く


第7期「ホイスコーレ札幌」第4回の講義は、北大サステナブルキャンパス推進本部准教授の横山隆先生でした。はじめの自己紹介で、会社勤務中に海外留学で建築工法を勉強したこと話された後、「環境の保護」の意味を考察されました。幸せな未来を作るため、地球を持続させるために「共創力」が必要であること、人口過剰のため現在の状態で1.2個の地球が必要であること、日本の里山の見直しがヒントになること、などをイントロダクションとされました。本題に入り、大学を持続可能な社会のモデルとする取り組みについて説明されました。まず、米国の大学の取り組みを紹介し、ついで自身の関係している北海道大学での取り組みについて、環境負荷低減、キャンパスプラン、評価方法、知識の社会還元、ゴミ問題、光熱水料費などを取り上げ、詳細な分析データに基づいて説明されました。これらの検討に基づいて基本方針を提言することを目指しているとのことでした。

講義終了後、「ホイスコーレ札幌」の課外研修として、(株)ほくでんアソシエ見学の紹介があり、参加者を募集しました。
また、「ホイスコーレ札幌」韓国課外研修第8回国際珍島学会参加とソウル市内観光の紹介があり、参加者を募集しました。

また、新しい受講生対象に「ホイスコーレ札幌」代表生越が「生涯学習社会を生きる「ホイスコーレ札幌」創設」を説明しました。

b0144125_842758.jpg
b0144125_844219.jpg
b0144125_845831.jpg
b0144125_851757.jpg


b0144125_854542.jpg



b0144125_861755.jpg

韓国 珍島学会参加
b0144125_863188.jpg
b0144125_864398.jpg
b0144125_865581.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2011-09-29 08:07

ホイスコーレ札幌 第7期 第3回講義   

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

デンマークホイスコーレの様子は こちら です。

b0144125_2005350.jpg


第3回 家柳速雄先生 「奈良を生きた行基」

第7期「ホイスコーレ札幌」第3回の講義は、東海大学元教授の家柳速雄先生でした。6頁にわたる緻密な資料を配布され、「奈良を生きた行基」を講義されました。その内容は,①行基の父母の家計について、②「行基」という命名について、③行基の師について、④山々での修行、⑤伊賀流忍術の祖、役の行者と行基、⑥平城京遷都における行基の活動について、羽賀寺縁起、⑦「僧尼令」について、⑧丘陵地帯への布施屋の設置について、⑨聖武天皇・光明皇后について、⑩東大寺大仏建立と行基の支援について、⑪大僧正叙位について、⑫大仏開眼導師について、⑬行基が踏破した山々について、⑭行基の生涯についてであり、これらの事柄に関して、通説にない、あるいはそれに反する新たな見解を披瀝されました。

b0144125_201299.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2011-09-21 20:02

ホイスコーレ札幌 第7期 第2回講義   

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

デンマークホイスコーレの様子は こちら です。

b0144125_21282141.jpg


第2回講義 高井瑞枝先生

第7期「ホイスコーレ札幌」第2回の講義は、食工房ミイロ代表の高井瑞枝先生による「北海道食紀行~食環境を整えよう~」でした。1.「身土不二」と地産地消を問い直そう(”食べる“ということだけでは食育にあらず。時代と共に変化した食のありかた。見えないところに食の原点がある)、2.消費者に見えにくい食材の現実(輸入食材の裏側。海外における生産現場の実情。ケミカリストとフレーバリストの仕事)、3.食材の扱い方~日々の生活の中でこそエコロジー(加工食品、冷凍食品との付き合い方。家庭生活での環境つくり・・水や塩には関心があるが。有機栽培とオーガニックの違い)、4.伝統が息づく食地域(地球は残したいか。資源は育てながら使うもの。次の世代に受け継がせられるあり方とは)がその内容でした。先生自身の国内での、また国外での経験に裏づけられた説得性のある講義でした。先生の著書「食の架け橋」も販売され、身近の話題でもあり、売れ行き好調でした。購入した受講生は先生のサインを頂きました。

「ホイスコーレ札幌」ニュース第1号が発行され、受講生らに配布されました。

b0144125_21284333.jpg
b0144125_2129657.jpg

高井先生の著書です。


b0144125_21295079.jpg
b0144125_21311545.jpg
[PR]

by gyntgynt | 2011-09-14 21:12

ホイスコーレ札幌 第7期 開講式 第1回講義   

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

デンマークホイスコーレの様子は こちら です。

ホイスコーレ札幌 第7期開講式


生越代表挨拶
b0144125_1094930.jpg


西村副学長挨拶
b0144125_10103788.jpg


「ホイスコーレ札幌」第7期の開講式が9月7日9時半から東海大学N402教室で開催されました。
今期の受講生は新人4名を含む52名。生越「ホイスコーレ札幌」代表、西村東海大学副学長の挨拶があり、次いでスタッフの紹介がありました。今期の新スタッフは東海大学学生の佐々木友里さん、助手として手伝っていただきます。
11月30日まで12回の講義が予定されています。


第1回講義 佐藤栄一先生 
b0144125_10112390.jpg


第1回の講義は東海大学名誉教授の佐藤栄一先生による「教会と建築(ヨーロッパと札幌)」でした。
「ヨーロッパのキリスト教建築の進歩と変遷」において、まずキリスト教の宗派の説明があり、初期キリスト教会ーバシリカ式、ビザンチン、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンス・バロック、更には近代・現代の教会建築を例を引きながら解説されました。「札幌の教会」においては、札幌にあるキリスト教会の分類を行い、日本聖公会札幌聖ミカエル教会、カトリック北1条教会、日本キリスト教団札幌教会、札幌ハリスト教会、札幌独立キリスト教会の建築を解説されました。これらは先生のトップ5の教会建築だそうです。

次回第2回の講義は高井瑞枝先生の「北海道食紀行ー食環境を整えよう」です。

b0144125_1012420.jpg

b0144125_10121443.jpg








b0144125_10123523.jpg


b0144125_2134585.jpg

先生ご自身がスケッチされたカレンダーです。
[PR]

by gyntgynt | 2011-09-08 10:13