<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

ホイスコーレ札幌 第8期 第3回講義   

      デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_911399.jpg


第3回講義 川崎一彦先生

第8期「ホイスコーレ札幌」第3回の講義は、東海大学教授の川崎一彦先生による
「ワークショップー幸せについて」でした。自己紹介の後、北海道の魅力について話されました。ついで、多くの人の意見を紹介しながら幸せについて考察されました。その中の一つ、ユングの幸福の5条件 健康であること 適度のお金を持っていること 美しいことを知る能力があること 人間関係が豊かであること 朝起きた時やらねばならない仕事があること。ワークショップの中の一つ:受講生による幸せ度セルフチェックを行った結果、1.幸せですか。はい92% 2.自分の人生に満足していますか。はい71% 3.人生をやり直せるとしても、同じ人生を選びますか。はい27% いいえ46%でした。
広田まゆみ氏(北海道議会議員)がスペシャルゲストとして参加されました。
数人の東海大学学生も参加しました。
講義に先立ち、前回の講義を担当された矢内弘美先生から「ホイスコーレ札幌」に来たメッセイジが紹介されました。
講義終了後、受講生吉中さんによる韓国学会参加報告がありました。  

b0144125_9115760.jpg
b0144125_9121010.jpg
b0144125_9122028.jpg
b0144125_9122854.jpg

b0144125_9131347.jpg

広田まゆみ氏(北海道議会議員)



韓国学会参加報告


b0144125_9124064.jpg

b0144125_913292.jpg
b0144125_9134797.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2012-04-26 09:13

ホイスコーレ札幌 第8期 第2回講義   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

第2回講義 矢内弘美先生
b0144125_96173.jpg


第8期「ホイスコーレ札幌」第2回の講義は、東海大学の矢内弘美先生の「ワールド・カフェ」でした。先生は“絵本セラピスト”です。講義は次のように進められました。いろいろな絵本を先生が読み、そこから話題を取り上げる。5~6人でグループを作り、それらの話題について話し合い、共有する。話題には次のようなものがありました。自己紹介 カードに書いた名前とニックネーム 生まれ 好きなおにぎりの具 書きあげられた好きなもの ココロを満たす方法 魔法の言葉・ジェスチャー 言われたい褒め言葉。
共感と笑いに包まれた2時間でした。

講義に先立ち、ホイコレ亭について担当者から準備報告がありました。
また、5月18日の課外研修「北海道新聞印刷工場見学」の案内がありました。

b0144125_9132069.jpg
b0144125_913389.jpg
b0144125_9135177.jpg
b0144125_9135996.jpg
b0144125_914996.jpg
b0144125_9141888.jpg
b0144125_9142786.jpg
b0144125_9143735.jpg
b0144125_9144735.jpg
b0144125_9145886.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2012-04-19 09:15

ホイスコーレ札幌 第8期 開講式 第1回講義   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_8555153.jpg
b0144125_856183.jpg


第8期「ホイスコーレ札幌」が4月11日に55名の受講生を迎え、東海大学札幌キャンパスで開講しました。開会式において生越「ホイスコーレ札幌」の挨拶、吉村東海大学学長補佐の挨拶、スタッフの紹介、連絡事項、行事予定の説明がありました。6月27日まで12回の講義が予定されています。
第1回目の講義は、宍戸隆子氏(避難者自治会「桜会」代表)による「原発事故以後の福島の実情(福島のためにできること)」でした。福島県伊達市で生活していた宍戸氏は大震災と原発事故にあい、北海道の厚別市に避難しています。地震、原発事故の体験から北海道への避難生活を通して、国、自治体、住民の災害対応の問題点を具体的に説明しました。特に避難者と福島在住民との関係の困難な実情を訴えました。更に、除染、がれき処理の問題点も指摘しました。講義後、熱心な質疑応答が展開されました。

b0144125_116697.jpg

今期お手伝いいただくのは東海大学4年生 藤村一成さんです。



第1回講義 宍戸隆子先生 原発事故以後の福島の実情(福島のためにできること)

b0144125_8562071.jpg
b0144125_8563690.jpg
b0144125_8565493.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2012-04-12 08:57