<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

第31回 北海道生涯学習研究集会   

   デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。


b0144125_19292620.jpg


第31回 北海道生涯学習研究集会

期日 2013年11月23日(土)
会場 札幌市生涯学習センター「ちえりあ」
主催 日本生涯教育学会北海道支部

発表 生越玲子
 「ホイスコーレ札幌」~デンマークとさっぽろにおいてのホイスコーレ~ 

特別講演 明石要一氏
演台 「青少年問題の現状と課題」
講師 千葉大学教育部名誉教授 

情報交換会では貴重な会話があり、有意義でした。

b0144125_1930546.jpg
b0144125_19302187.jpg
b0144125_1931336.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2013-11-24 19:32

ホイスコーレ札幌 第11期 第12回 修了式   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_20551683.jpg


第12回講義 嵯峨治彦先生 「のど歌の会」

第11期「ホイスコーレ札幌」の第12回最終講義は、「のど歌の会」の嵯峨治彦先生による「草原の音楽~馬頭琴と喉歌」でした。モンゴルと中国内モンゴル自治区の2種の馬頭琴とロシア共和国トゥバ共和国の弦楽器を演奏して、同時に二つの声の聞こえる喉歌を聴かせる講義でした。先生が喉歌を始めた動機、これらの楽器に係わる伝説と物語を紹介されました。また、喉歌の発声法を説明され、受講生は発声を試みました。馬頭琴の響きと先生の喉歌はレストラン・フォレスタ・ビアンカの会場いっぱいに響き渡り、受講生はこの珍しい音楽を堪能しました。

第11期修了式が講義に引き続き行われました。生越代表の挨拶の後、終了証書が参加受講生に一人ずつ手渡されました。「ホイスコーレ札幌」の歌の合唱、その後、昼食会に移り、レストランの料理を楽しみました。お世話になっている講師、阿寒湖ツアーの企画者のご参加を得、この時間を利用して参加者全員が一言ずつテーブルスピーチをした。終わりころには恒例になっているジャンケンが行われ、勝った受講生に記念品が渡されました。第12期「ホイスコーレ札幌」でまた会えることを祈念して散会しました。

b0144125_20555821.jpg

b0144125_20561734.jpg
b0144125_20562640.jpg
b0144125_20565258.jpg
b0144125_2057828.jpg
b0144125_20572533.jpg


修了式

b0144125_2194856.jpg

生越玲子代表挨拶
b0144125_2110239.jpg

b0144125_21122936.jpg

修了証書授与
b0144125_21125490.jpg
b0144125_2113164.jpg
b0144125_21134446.jpg

アシスタントの北海道大学大学院生、大塚美幸さんにも修了証書が授与されました。サポートいただきありがとうございました。
b0144125_2114734.jpg

ホイスコーレ札幌の歌 合唱
[PR]

by gyntgynt | 2013-11-22 21:06

裁判傍聴   

      デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_2152979.jpg


札幌簡易裁判所でホイスコーレ札幌の受講生とともに傍聴の機会を得ました。

b0144125_215218100.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2013-11-16 21:53

ホイスコーレ札幌 第11期 第11回   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_18553249.jpg


第11回講義 赤坂和雄先生 「「鳥瞰図」で世界を見る~世界の中のニッポン」 

第11期「ホイスコーレ札幌」第11回の講義は、元青森県立保健大学教授の赤坂和雄先生による「「鳥瞰図」で世界を見る~世界の中のニッポン」でした。第10期の「外国を見て日本を知る」に引き続く2回目の講義でした。日本の中からだけで日本を理解するのではなく、世界という広い立場で日本を見るべきである、「郷に入りては郷に従え」という先生の持論を、先生の経験と多くの人たちの話から展開されました。講義の後半は、これらの論を中心に、受講生からの質問、意見交換が活発に行われました。日本と日本人の独自性を外国と外国人との間でどのように主張し、あるいは抑えてコミュニケイションするかについて、種々の意見が出ました。受講生間の相互理解にも役立つ興味ある時間となりました。

b0144125_18554833.jpg
b0144125_1856122.jpg

b0144125_18572713.jpg

b0144125_18561525.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2013-11-15 18:55

ホイスコーレ札幌 第11期 第10回   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_22491977.jpg

第10回 銭本祐一先生 「デンマークの社会~問題を抱えながらも不安なく暮らす国民」  

第11期「ホイスコーレ札幌」第10回の講義は、日欧文化交流学院院長の銭本祐一先生による「デンマークの社会~問題を抱えながらも不安なく暮らす国民」でした。カラフルなスライドを使用した講義は受講生の関心を集めました。その内容は、幸福度調査1位~デンマーク~、デンマークはなにで知られているか、デンマークと日本の地勢的・社会的比較、揺り籠から墓場まで、社会福祉国家の理念、GNPに占める税収入、財政、税、社会保障の歴史と背景、経済の成り立ち、エネルギー政策、デンマークが抱える問題、「幸せな国」って?不安がないことが幸せ、民主主義という文化、平等と分配、日本国憲法12条、でした。デンマークと日本を半分ずつ生活している先生は、デンマークの各方面に深い理解と分析をさせれ、それを興味深い話を交えながら解説されました。デンマークに関心の高い受講生からは多くの質問が出され、活気ある勉強の場になりました。

b0144125_2245683.jpg

b0144125_22465351.jpg
b0144125_22471299.jpg
b0144125_22473024.jpg

b0144125_22531272.jpg

b0144125_22474649.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2013-11-07 22:48

本田優子札幌大学副学長講演「ウレシパプロジェクトについて」   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_16595849.jpg


2013年11月3日(日)

第4回  ウレシパ・フェスタ (アイヌ語で「育て会い」という意味

会場 札幌大学

ゲスト・坂本龍一氏
パネルトーク「アイヌ文化と私!」

ウレシパクラブ学生発表(活動報告・舞踊披露)

本田優子札幌大学副学長講演「ウレシパプロジェクトについて」を聴きに行きました。

札幌大学のアイヌの学生と、
和人の学生がアイヌ文化をを学び、
多文化共生社会のモデルを創造するとともに、
対外的に発信する組織です。

b0144125_1701415.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2013-11-04 17:00