<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

ホイスコーレ札幌 第13期 第12回講義 修了式   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。


b0144125_215850100.jpg



第12回講義 伊藤英円先生

第13期「ホイスコーレ札幌」最終回の講義は、楽器製作者で、ライア演奏家の伊藤英円先生による楽器ライアの説明とその演奏でした。ライアは竪琴に分類され、その制作方法、弦とその数、調律の方法などを説明されました。 先生は楽器の木部には北海道の木を使うことにこだわり、ライアにはアカエゾマツ、カエデを使用されているそうです。材の乾燥技術が楽器の出来を左右するとのことでした。ふるさと、アメージンググレイス、バッハの曲、讃美歌、クリスマスの曲、アイルランド民謡サリー・ガーデン他を演奏されました。珍しい音色は森の中にいるように聞こえ皆の注目を引きました。
第13期の修了式が、ライアの演奏に引き続き挙行されました。生越代表の挨拶の後、受講生一人ひとりに修了証書が渡されました。次いで、昼食会に移り、野口さんの乾杯で始まり、レストラン・フォレスタ・ビアンカの料理を楽しみました。恒例により、参加者にマイク回され、一言ずつ話をしました。食事の終了後、これまた恒例のジャンケンが行われ、勝者12名に記念品が贈られました。これで第13期は終了し、第14期で互いに再会できることを期待しながら散会しました。

b0144125_2159267.jpg
b0144125_21594628.jpg
b0144125_21595741.jpg

b0144125_221269.jpg



修了式

b0144125_222793.jpg

b0144125_2244187.jpg

b0144125_225631.jpg
b0144125_2252722.jpg

b0144125_2262754.jpg

b0144125_2224267.jpg

b0144125_227142.jpg

b0144125_229377.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2014-11-27 22:00

ホイスコーレ札幌 第13期 第11回   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。


b0144125_18362076.jpg


第11回講義 高橋幸一先生

第13期「ホイスコーレ札幌」第11回の講義は、元裁判官で札幌公務員受験学院法律系講師、札幌消費者協会の高橋幸一先生による「特定秘密保護法って、いったいナンだ!」でした。第12期に続いての講義でした。1.正解は、「ヒミツ」そのものです、2.「特定秘密保護法」は何だ!!??、3.指定の有効期間(60年も隠し通し、永久秘密もあるのです)、4.処罰(秘密を漏らすと懲役10年以下プラス1000万円以下の罰金)、5.裁判も、何が秘密であるのかはっきりしないまま進められるおそれ、6.身内で監査、7.特定秘密に関わる人々の「適正評価」、8.国民の代表である国会も、口をだせないし、手もだせない、9.法の廃止を求め、声を上げよう、の各項目について、本法に反対の立場から分かりやすく説明されました。ついで、集団的自衛権の問題についての言及があり、その疑問点などを説明されました。
本日、第14期「ホイスコーレ札幌」の案内が受講生に渡されました。

b0144125_18353233.jpg


b0144125_18355232.jpg


b0144125_18363856.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2014-11-20 18:36

北海道生涯教育学会 2014   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_20495323.jpg


基調講演 
演題 次代の担い手を育む社会教育の役割
講師 徳島大学大学解放実践センター長享受馬場祐次朗氏

... 他の発表者がありましたが私は以下の発表に注目しました。
「学習支援ボランティアの役割~札幌遠友塾自主夜間中学の事例から」
発表者 遠藤知恵子 会員(元北翔大学)

札幌遠友学塾自主夜間中学の概要
週1回:水曜日夜18:00~21:00年間40日確保 会場 向陵中学校
4クラス展開:1年、2年、3年、じっくりクラス
科目:国語、数学、英語、社会
2014年10月現在 受講生57名 スタッフ登録:74名

夜間中学の必要性。受講生の声、スタッフの声、今後の期待、多岐にわたる内容が発表されました。


b0144125_20502140.jpg
b0144125_2050371.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2014-11-15 20:51

ホイスコーレ札幌 第13期 第10回   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。


b0144125_20244921.jpg



第10回講義 信田美砂絵先生

 第13期「ホイスコーレ札幌」第10回の講義は、英語講師、北海道通訳者協会会員の信田美砂絵先生による「英語が拓いてくれた世界」でした。英語って?、イギリスと世界、英語人口、横文字のオンパレード、自動翻訳機で訳すと、日英比較~例:郵便宛先、ちょっと違うぞ北米文化、日本から見た英語圏の人々、英語圏から見た日本人、グローバル時代の我々日本人、英語では・・・、通じる英語のためのヒント~日本人ができること、情緒的だが情報不足の日本語、カタカナについて考えてみよう、省略語、英語では使わない語、英語とは意味の異なる語、アクセント・発音の違う語、などをテーマに話されました。一つ一つ我々の身につまされる話題で、カナダのアルバータ大学留学中の興味ある先生ご自身の体験談などを交えながら話されました。さすが通訳者、日本語が明晰で理解しやすい講義でした。学校での英語教育についての質問が多く出ました。また、カタカナ英語への疑問が出されました。
 今日から新しい受講生一人が加わりました。一名の見学者がありました。


b0144125_20251486.jpg
b0144125_20252445.jpg
b0144125_20255870.jpg
b0144125_20261149.jpg
b0144125_20262979.jpg
b0144125_20264877.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2014-11-13 20:26

ホイスコーレ札幌 第13期 第9回   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。


b0144125_233998.jpg


第9回講義 嵩文彦先生

第13期第9回の講義は、内科医で俳人の嵩文彦先生による「俳句―この不可思議なる一行詩を巡って」でした。次の内容について分かりやすく説明されました。Ⅰ歴史 1.5,7の韻律は日本古来のもの、2.万葉集の成立、3.和歌の流行から連歌の流行へ、4.連歌から「俳諧の連歌」の流行へ、5.俳諧から発句が独立する、6.松尾芭蕉が発句を文芸に高めた、7.芭蕉、蕪村、一茶・・・そして正岡子規へ。Ⅱ詩とは 1.詩にはどんなものがあるか、2.定型詩の例、3.一行詩の例、4.定型詩一行詩、5.短歌・俳句を分かち書きとした例。Ⅲ俳句とは 1.季語を用いること、2.切字/ 切れが不可欠である、3.5・7・5の定型を守る、4.季重なり、切れの重複はさける、5.動詞は一句に一つとする、6.季語は新年・春・夏・秋・冬に分ける、7.俳句は断定「言い切る」文芸、8.無季・自由律の俳句。先生のご意見は、「花鳥風月だけでなく、人間と人間の働きが含まれた俳句が望まれる。また、北海道の風土に合った歳時記が欲しい」でした。美しい歳時記の本を参考に持参されました。なお、今日の講義には8名の俳句愛好家が聴講に来られました。

 講義終了後、「森と住人のおとぎ話と音楽」音威子府ツアーの報告が、石川、石黒、葛西さんの3名により美しい写真を使って行われました。

b0144125_23393450.jpg
b0144125_23395194.jpg
b0144125_23401528.jpg
b0144125_23403076.jpg
b0144125_23405743.jpg

b0144125_23413919.jpg



音威子府研修旅行報告

b0144125_2342962.jpg

b0144125_23433743.jpg

b0144125_2344792.jpg
b0144125_23443870.jpg

b0144125_23453292.jpg
b0144125_23455574.jpg
b0144125_23461128.jpg

b0144125_23494399.jpg




b0144125_23492438.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2014-11-05 23:43