ホイスコーレ札幌 第5期 第11回講義   

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

デンマークホイスコーレの様子は こちら です。
b0144125_19264242.jpg

第11回講義 岩原 宏子先生 今なぜドストエフスキー?

 第5期「ホイスコーレ札幌」第11回目の講義は、東海大学の岩原宏子先生による「今なぜドストエフスキーか」。その内容は、1.ドストエフスキーが読まれている理由、2.ドストエフスキーの生涯と作品、3.『罪と罰』について、4.『カラマーゾフの兄弟』について、5.ドストエフスキーの現代性とは、でした。受講生はいずれも昔の文学少女、文学青年。ドストエフスキー、「罪と罰」、「カラマーゾフの兄弟」はなじみとあって、講義中も講義後も質問、意見が続出し、15分の超過となりました。先生、ご苦労様でした。
 講義終了後、「ホイスコーレ札幌」の文集の製本作業が皆の協力で行われました。文集は次週に渡されることになっています。
 徳島大学の授業参加者は最終的に15名となりました。

b0144125_1931525.jpg

b0144125_19271556.jpg
b0144125_1927365.jpg
b0144125_19282474.jpg
b0144125_1929449.jpg




b0144125_19292122.jpg

b0144125_19314253.jpg
b0144125_19315667.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2010-11-17 19:33

<< ホイスコーレ札幌 第5期 第1... ホイスコーレ札幌 第5期 第1... >>