人気ブログランキング |

ホイスコーレ札幌 第7期 第11回講義   

デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_8163295.jpg


第11回講義 難波克彰先生

第7期「ホイスコーレ札幌」第11回の講義は、東海大学現代文明論研究センター、松前記念館総合教育センターの難波克彰教授でした。講義の題目は「ことばと音楽の魅力」。テレビやラジオ放送が主題でした。これらに現れるタレントたちの軽薄な言動を憂い、特に若者の自分以外の他人はバカだという自己愛性人格障害を説明し、放送が文化のレベルを表していることを解説されました。日本のラジオの民間放送の創設、松前重義によるFM東海の創設、通信教育の開始、音楽への貢献などを通して、放送の持っている役割と責任を述べられました。デンマークのグルントヴィがフォルケホイスコーレを創設し、重要なことは「いきた言葉」であると主張したことに賛同を示され、放送における「人の心をとらえることばと音楽」の例を紹介されました。最後に、「私たちの人間性が問われている、良質なものを後世に残そう」と講義を締めくくられました。
難波先生は「ホイスコーレ札幌」の創設に協力された方で、今回も神奈川県の東海大学本校からこの講義のために来札されました。 

b0144125_8164594.jpg
b0144125_817092.jpg
b0144125_8171455.jpg
b0144125_8172952.jpg

by gyntgynt | 2011-11-17 08:17

<< ホイスコーレ札幌 第7期 第1... ホイスコーレ札幌 第7期 第1... >>