ホイスコーレ札幌 第14期 第3回   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。

b0144125_2057531.jpg


第3回講義 村井祐一先生

第14期「ホイスコーレ札幌」第3回の講義は、北海道大学教授の村井祐一先生による「乗り物の科学~幼児から技術者の視点まで」でした。古代人の活動範囲が10kmであり、現代人のそれは地球規模であること、航空機、船舶、鉄道、自動車の事故を通して乗り物の安全性と利便性について話されました。日本の乗り物が世界を先導していること。男児は乗り物が大好き。大人になっても鉄道マニアがいるのはなぜか、など興味深い話しが続きました。次いで、船舶に移り、日韓中3国が世界の95%の船舶を作っていること、水の摩擦を減らす技術(泡の利用)、自動車ではその形と気流との関係、飛行機でも気流との関係、空気摩擦を減らす方法について理論的に解説されました。まとめの中で、子供たちの乗り物に対する興味を支えてほしい、科学技術立国日本の将来がかかっているから、と述べられました。

b0144125_20581610.jpg
b0144125_20582613.jpg
b0144125_20584145.jpg


b0144125_2124068.jpg

b0144125_20592046.jpg
b0144125_20593115.jpg
b0144125_20595098.jpg

b0144125_21030100.jpg
b0144125_2104040.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2015-04-08 21:01

<< ホイスコーレ札幌 第14期 第4回 ホイスコーレ札幌 第14期 第2回 >>