2014年 06月 12日 ( 1 )   

ホイスコーレ札幌 第12期 第10回   

       デンマーク留学          陶芸 北海道木賊焼

Blog ranking に参加しています。クリックしていただけると支持率が10ポイント上がります。


b0144125_23275724.jpg


第10回講義 大橋俊朗先生

第12期「ホイスコーレ札幌」第10回の講義は、北海道大学教授の大橋俊朗先生による「細胞研究とノーベル賞」でした。先生には第10期に続く2回目の講義です。自己の経歴、留学したスウェーデンと研究所、世界の共同研究者の紹介がありました。前半は、細胞の話題で、宇宙はマクロコスモス、細胞はミクロコスモス、大きさ、細胞から原子まで、動物細胞の構造、いろいろな細胞、細胞研究の意義などをキーワードとして分かりやすく話されました。後半は、ノーベル賞についての解説で、賞の種類、受賞者数、選考委員、選考手順、近年の細胞研究に関するノーベル賞などについて解説されました。日本のノーベル賞受賞者、下村博士と山中博士に研究について、緑色蛍光タンパク質、細胞研究への利用、iPS細胞(組織再生工学)とES細胞、夢の培養細胞、細胞の分化を解説されました。最後に、ノーベル賞にまつわる面白い話題(チョコレート、晩餐会など)も紹介されました。受講者から沢山の質問が出ました。講義終了後も質問続出で、先生はなかなか帰れませんでした。

来週の講義終了後に弘前研修旅行の報告会が開かれます。

b0144125_23283015.jpg

b0144125_23284529.jpg

b0144125_23292219.jpg

b0144125_23294299.jpg

b0144125_2330437.jpg
b0144125_23302349.jpg
b0144125_23304811.jpg
b0144125_23311384.jpg
b0144125_23313539.jpg

[PR]

by gyntgynt | 2014-06-12 23:32